【プロバイダ比較】GMOとくとくBBよりもJPWiMAX!契約前に必ず読んで欲しい3つの理由!

【プロバイダ比較】GMOとくとくBBよりもJPWiMAX!契約前に必ず読んで欲しい3つの理由!

「実家に帰るお金もありません」どうも田中です。

ドケチで無職な私は、WiMAXをいかに最安値で購入できるか日々奮闘しております。

今回は、WiMAXのプロバイダの中で最安であるJPWiMAXと、ネットで多くのサイトがおすすめしているGMOとくとくBBのキャンペーンについて比較し、なぜJPWiMAXのキャンペーンで契約すべきなのかを解説していきたいと思います。

ネットでJPWiMAXとGMOとくとくBBの評価を比べてみるために調べてみたところ、千差万別な意見が存在しています。

以上のとおりです。実際どうなのかが判断できません。

今回ドケチで無職な私が
「JPWiMAXとGMOとくとくBBではどっちがおすすめなのか?」
「6月現在で最もお得なプロバイダはなに?」
という皆さまの疑問に対して詳しく解説していきます。

(結論)JPWiMAXとGMOとくとくBBのキャンペーンどちらがおすすめなの?

結論から言いますと、2019年6月現在では、GMOとくとくBBではなくJPWiMAXのキャンペーンで契約をすべきです。

JPWiMAXのキャンペーンで契約すべき理由としては以下の3点があげられます。
①JPWiMAXの方が、3年間の総合計金額が断然安い
②JPWiMAXでは、キャッシュバックを必ずと言っても過言ではなく受け取ることができる。
③JPWiMAXは、有料サポートの加入が強制ではない。

しかしながら、補足情報ですがGMOとくとくBBにはJPWiMAXに勝っていることが1点あります。
①契約後の無料解約期間が、JPWiMAXが8日以内に対して、GMOとくとくBBは20日以内である。

それでは、それぞれの理由についてJPWiMAXとGMOとくとくBBについて比較しつつ詳しく解説をしていきます。

GMOとくとくBBではなくJPWiMAXで契約すべき3つの理由とは

①JPWiMAXの方が、3年間の総合計金額が断安い

そもそもWiMAXは通信量や通信速度などの機能自体はどのプロバイダで契約をしても同じですので、重要になってくるのは毎月の料金を合計した3年間の総合計金額です。

ですので、それぞれの詳細な総合計金額について解説していきます。

JPWiMAX

3年間の総合計金額➩118,040円
実質の月額料金➩3,306円

基本情報
契約年数 3年
支払い方法 クレジットカード
事務手数料 3,000円
最新機種利用
1か月~2カ月目 2,800円
3ケ月~36か月目 3,500円
キャッシュバック 17,000円
3年合計金額 118,040円
解約金
1か月~12カ月目 30,000円
13ケ月~24か月目 30,000円
25カ月目~36カ月目 25,000円
37カ月目(更新月) 無料
それ以降 9,500円

GMOとくとくBB

GMOとくとくBBのキャッシュバックキャンペーン

3年間の総合計金額➩123,160円
実質の月額料金➩3,306円

基本情報
契約年数 3年
支払い方法 クレジットカード
事務手数料 3,000円
基本月額(キャッシュバックキャンペーン)
1か月~2カ月目 3,609円
3ケ月~24か月目 4,263円
25カ月目以降 4,263円
3年合計金額 123,160円
基本月額(月額割引キャンペーン)
1か月~2カ月目 2,170円
3ケ月~24か月目 3,480円
25カ月目以降 3,480円
3年合計金額 125,660円
解約金
1か月~12カ月目 19,000円
13ケ月~24か月目 14,000円
25カ月目~36カ月目 9,500円
37カ月目(更新月) 無料
それ以降 9,500円

以上のとおり3年間の総合計金額を考えると、JPWiMAXは119,040円・GMOとくとくBBは123,110円という結果になり、差額は4,070円です。
余談ですが、4,000円もお得に利用できるのであれば、その余ったお金で焼肉だっていけますね!

②JPWiMAXでは、キャッシュバックを必ず受け取ることができる。

JPWiMAXではキャッシュバックをほぼ必ず受け取る事ができますが、GMOとくとくBBでは手続きを怠ると受け取りができない場合があります。4割以上の人がキャッシュバックを受け取り忘れているそうです。
それでは、JPWiMAXとGMOとくとくBBのキャッシュバック受け取り方法について、詳しく解説をしていきます。

●JPWiMAX

JPWiMAXでは2回に分けてキャッシュバックを受け取ることが出来ます。

①キャッシュバック受取方法(1回目)
1 WiMAXを契約したら、申込完了メールが届く。
2 端末に同封されて届く契約IDを申込完了メールに記入する。
3 Amazonギフト券(10,000円)が届く

②キャッシュバック受取方法(2回目)
1 契約1年後にメールが届く
2 1回目と同様に契約IDを入力する
3 Amazonギフト券(6,000円)が届く

手続きが1年後なんて、必ずキャッシュバックを受け取れる訳じゃないではないか!と思ったあなた。ご安心下さい、公式ホームページにはこのように記載されています。

お受け取りを一定期間忘れてしまった方も、ご契約期間内であれば、丁寧にギフト券の対応はさせていただきます。

上記の通り、手続きに期限がないので確実にキャッシュバックを受け取ることが出来るのです。

●GMOとくとくBB

Twitterでも、キャッシュバックについて嘆きの声が上がっていますが、GMOとくとくBBのキャッシュバックは受け取り忘れる恐れが十分にあります。公式サイトでは受け取りが簡単そうに記載されているのですが、実際はそんなことありません。

手続き方法
1 契約後12カ月目にGMOとくとくBBから、メールが送付される。
➩メールが届くのは普段利用していないであろう、契約時に発行されたアドレス宛です。また、メールボックス内は大量の広告メールで溢れているので探すのが大変です。

2 メールに記載されている通りに必要事項を書き込む。
➩12ヶ月後にメールが届いてから、手続き期間はたったの1ヶ月です。過ぎた場合はキャッシュバックが無効になります。

以上から分かるように、キャッシュバックに関して、JPWiMAXでは確実に受け取れますが、GMOとくとくBBに関しては非常に複雑な手続きがあるため、不安が残ります。
GMOとくとくBBのキャッシュバック32,050円を受け取り忘れたら、それはそれは大惨事ではないでしょうか。
ちなみに私は、32,050円を逃したら一ヶ月間昼飯抜きです。

③JPWiMAXは、有料サポート等の加入が強制ではない。

JPWiMAXは有料サポート等が強制加入ではないですが、GMOとくとくBBは有料サポートに強制で加入させられます。

●JPWiMAX

JPWiMAXには、以下の画像の通りサポートや付帯品が存在していますが、そのどちらも強制加入ではありません。

加入の有無が個人で選ぶことができるので、必要であれば利用すればいいのです。解約を忘れて、無駄なお金がかかる危険性もありません。

●GMOとくとくBB

GMOとくとくBBでは、2つの有料サポート(安心サポート&公衆Wi-Fi)に加入させられてしまいます。

そのどちらも、注意書きで小さく「ご不要の場合は端末発送月の翌月以降にBBnaviよりお手続きをしてください。」と記載されています。しかしながら、解約の手続きを忘れると、毎月1,000円程度の支払いがありますので、注意が必要です

以上の3点から、GMOとくとくBBよりもJPWiMAXで買うべきであるということが分かりましたが、GMOとくとくBBにもJPWiMAXに勝ることが点ありますので解説します。

GMOとくとくBBがJPWiMAXに勝る唯一のこと

①契約後の無料解約期間が、JPWiMAXが8日以内に対して、GMOとくとくBBは20日以内である。
WiMAXのどのプロバイダにも、契約直後に無料で解約できる期間が存在しているのですが、GMOとくとくBBの方が無料で解約できる期間が一週間程度長いです。

●JPWiMAX

JPWiMAXでは、端末到着後8日以内であれば、無料で解約をすることが出来ます。

●GMOとくとくBB

GMOとくとくBBでは、一定の条件を満たすと、端末到着後20日以内であれば無料で解約をすることが出来ます。

また、解約の手順が詳しくホームページ(https://gmobb.jp/lp/gentei8/)に載っていますので、もしも解約したくなった場合は簡単に手続きができます。

以上でJPWiMAXとGMOとくとくBBの比較解説を終わりますが、まとめると以下の様になります。

ルーターキャンペーン特典の受け取りやすさギガ放題3年間の利用料金総額
JPWiMAXW06(最新機種)月額割引+Amazonギフト17,000円分118,040円
GMOとくとくBBW06(最新機種)キャシュバック32,050円×123,160円

GMOとくとくBBでWiMAXを契約するのであれば、JPWiMAXの方が断然おすすめであることが分かりました。
しかしながら、WiMAXのプロバイダは、JPWiMAXとGMOとくとくBB以外に20社以上存在しています。
20社を超えるプロバイダと比較したとしても、JPWiMAXのキャンペーンはおすすめであると言えるのでしょうか。

(発展)20社を超えるプロバイダと比較しても、JPWiMAXは最もおすすめなのか?

結論から述べます。

「2019年6月現在でJPWiMAXが最もお得なプロバイダです。」

まずは、2019年6月現在での各プロバイダの料金を確認してみましょう。

WiMAXプロバイダキャンペーン月額料金3年間の合計支払い額
JPWiMAX月の利用料金割引+キャッシュバック17,000円3,500円118,040円
GMO(割引キャンペーン)月の利用料金割引 + キャッシュバック5,000円3,480円120,660円
GMO(キャッシュバックキャンペーン)キャッシュバック32,100円4,263円123,060円
@nifty(キャッシュバック)キャッシュバック30,100円4,350円128,740円
BIGLOBE(キャッシュバックキャンペーン)キャッシュバック30,000円4,380円129,310円
BroadWiMAX月の利用料金割引3,411円131,626円
BIGLOBE(月額割引キャンペーン)月の利用料金割引3,620円133,320円
BIC WIMAX(ビックカメラ)ビックカメラの商品割引(最大約20,000円)4,380円158,616円
UQWiMAX旧機種のみ10,000円キャッシュバック4,380円160,112円

料金表から分かる通り、全てのプロバイダの中で最も料金が安いのがJPWiMAXであるということが分かりました。

これだけでも、最もおすすめのプロバイダであると言い切れるのですが、他にもJPWiMAXがおすすめな理由が3点ありますので、解説していきます。

JPWiMAXのキャンペーンをおすすめする3つの理由とは?

料金表で、JPWiMAXが最もお得なプロバイダであることは一目瞭然で分かったのですが、他にもおすすめするポイントがいくつかありますので、まとめます!

以下では、JPWiMAXが最もおすすめな理由を3点述べていきます。

①WiMAX業界の中で最安である!

料金表にも載せた通りですが、JPWiMAXの2019年6月キャンペーンはプロバイダの中で1位のお得さを誇り、WIMAXを最も安く契約できます。

2019年1月のJPWiMAXの料金は、安かったものの最新ルーターが使えませんでした。
しかしながら、2月からJPWiMAXは最新ルーターが使えるようになり、正真正銘の歴代最強プロバイダへと進化したのです。

②鬼に鬼なJPWIMAXキャンペーン

JPWiMAXのキャンペーンは月額割引とキャッシュバックがどちらも適用されるキャンペーンです。これはもう、鬼(メイン)に金棒(サブアイテム)な話ではありません。赤鬼(メイン)と青鬼(メイン)がタッグを組んで、ローリングアタックしているのです!

③キャッシュバックを受け取り忘れる心配がない。

JPWiMAXはキャッシュバックで、16,000円を受け取ることができますが、受け取りにかかる手続きがとてもシンプルかつ、貰い忘れがありません。
他のプロバイダでは、キャッシュバックを受け取る方法が複雑で期限も決まっているため、約半数の方が貰うのを忘れてしまうようです。

難易度を例えると、他プロバイダのキャッシュバックは、通知がこない免許更新です。数年に一度知らずのうちに更新期間が来て、気付いたら終わっています。逆にJPWiMAXは、セブンイレブンの700円以上購入するとその場でボックスからくじ引くあの感覚です。契約後すぐ簡単に受け取れるのです。

JPWiMAXでのキャッシュバックの詳しい受け取り方法は別の記事で説明していますので、ぜひご参照ください。
しかしながら、JPWiMAXのキャッシュバックは、現金ではなくAmazonカードですので少々注意が必要です。

簡単ですが、以上の理由からJPWiMAXはおすすめです。

調査結果まとめ

  • GMOとくとくBBと比べると、JPWiMAXキャンペーンが断然お得であることは明らか。
  • JPWiMAXでは、キャッシュバックは必ず受け取ることが出来る。
  • 2019年6月現在で最もお得なプロバイダは、JPWiMAXである。

【2019年6月限定キャンペーン実施中】JPWiMAXの公式ページはこちら!